[FE24mmF1.4GM]コンパクトな大口径単焦点レンズ

product

今回は前回紹介したα7Riiと同時に購入したレンズを開封していきます。このカメラとレンズを購入した理由と作例は次回の記事で紹介します。

憧れのGマスター

まずは外箱です。ボディと同じく中古で購入しました。
それでは開封していきましょう。
説明書とレンズポーチ用の紐が付属しています。
こちらがそのレンズポーチです。
レンズポーチからビニールに包まれた本体を取り出します。
ビニールから解き放ちましょう。大口径レンズにしてはかなりコンパクトな印象です。
レンズキャップを外して、フードを付けるとこんな感じです。
GMレンズにのみにあるオレンジ色のエンブレムが輝いています。あぁ、かっこいいですねぇ。
レンズ本体に搭載されているフォーカスホールドボタン。このボタンには、瞳AFなど好みの機能を割り当ててカスタマイズすることができます。
また、レンズの外側にはフォーカスリングが、内側には絞りリングが搭載されています。ずっとCANONユーザーだった僕にとって、絞りリングはかなり新鮮に感じます。
さらに、クリックのオン/オフスイッチが搭載されています。絞りリングのクリック感を変更することができます。ONにすれば1/3段ごとにカチカチという反応を得ることができ、OFFにすればシームレスに絞りを変更することができます。
カメラに装着する前に傷が付かないよう、レンズ保護フィルターを付けます。今回はKenkoのゼクロスを購入しました。なかなかいいお値段がしますが、光学性能を落とさずにレンズを保護したいので購入に至りました。
α7Riiに装着してみました。バランスの取れた印象です。
いやぁ〜、たまりませんね。かっこいいの一言です。
これからこの組み合わせでバシバシ撮っていこうと思います!

それでは今回はFE 24mm F1.4 GMを開封した様子を紹介しました。このカメラとレンズを購入した理由と作例は次回の記事で紹介しますので、ぜひ読んでください♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事一覧